ご支援・ご協力のお願い

大会への大変多くのご支援・ご協力をありがとうございました。

以下記録のため、ご支援ご協力をお願いした要項を引き続き掲載しています。

※なお、第23回世界スカウトジャンボリーを成功させよう協賛金は平成27年内は募集しておりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

国際大会の周知/国内の機運醸成/日本らしい大会

 

世界スカウトジャンボリーは1920年(大正9年)にイギリスで第1回大会が開催されて以来、4年に1度開催される中学・高校生年代を対象とした教育行事です。イギリスで始まったスカウト運動は今では世界162の国と地域で3,600万人がスカウト活動に参加する世界最大級の青少年運

動となり、日本では約12万人が参加しています。世界スカウトジャンボリーでは世界162の国と地域から約3万人の青少年が約2週間のキャンプ生活をともにしながら多種多様なプログラムを体験し、友情と国際理解を深めます。また、その前後には全国各地でホームステイや地域訪問などを行い、日本全国と交流を進めます。

世界中から将来を担う国際性豊かな青少年が日本に集まるこの機会は、日本の青少年にとっても意義ある機会となります。山口県で開催される第23回世界スカウトジャンボリーを契機として、日本国内及び世界に向け、企業姿勢を表明して、商品を越えた企業そのものに対しての「ファン」づくりにも、ご活用いただけます。

 

ご協力に対するメリット

1.世界162の国々へのアピール

2.マーケティング

3.社会への貢献

4.国内での波及効果

5.日本を代表する企業として理解される

 

詳細はこちら(世界スカウトジャンボリーご支援メニューのご案内)PDF

 

5つのご支援(企業、団体、個人向け)

1.ご寄附のお願い(第23回世界スカウトジャンボリーを成功させよう協賛金)

法人様が世界スカウトジャンボリーへのご寄附をいただく場合には、公益財団法人に対する寄附金として、一定の損金算入限度額に相当する金額まで、一般の寄附金とは別枠で損金として扱うことができます。また法人地方税は法人税の納付額を基礎に計算されますので、法人税の減免に伴い地方税も減額となります。

※「財務大臣指定寄附金」の募集期間は終了しました。

 

2.スポンサー協

大会会場への企業ロゴの掲出、あるいは会場での大型スクリーンへの企業CF放映などスポンサーカテゴリーに応じた露出をご提案いたします。

 

3.物品提供

大会運営のために、必要な食糧・資器材が数多くあります。物品提供を金額換算し、スポンサー協賛としていただくことも可能です。

企業様:提供または貸与が可能な物品がございましたら、是非ご支援をお願いいたします。

個人様:物品提供等を依頼可能な企業・団体様をご紹介ください。

 

4.人的支援

3万人の青少年たちの2週間の生活を支えていくためには、数多くの専門的なスキルとノウハウが必要となります。大会会場には、国籍も宗教も様々な青少年が集います。企業様の研修の場としてもご活用いただくことが可能です。

 

5.プログラム協力

3つのプログラムエリアのテーマに基づいたプログラムを提供いただける企業、NGO、国連機関などを募集いたします。世界の子どもたちに“考える機会”“行動するきっかけ”を与えるものです。

 

詳細はこちら(世界スカウトジャンボリーご支援メニューのご案内)PDF

 

 

 

契約情報

現在、第23回世界スカウトジャンボリー(23WSJ)オフィスでは、2015年に開催の第23回世界スカウトジャンボリーおよび2013年に開催の第16回日本ジャンボリーに関する業務の企画競争・プロポーザル等を下記のとおり実施します。

詳しくはこちらをご覧ください

大会要員(JDT)の公募 ※終了しています。

2015年あるいは2013年まで継続可能な大会運営要員となる「ジャンボリー・デリバリーチーム員(JDT)」を公募しております。

詳しくはこちらをご覧ください

第23回世界スカウトジャンボリー

2015年7月28日~8月8日

山口市阿知須・きらら浜

Copyright © 2014. Scout Association of Japan